DNSの世界的な運用変更に伴うキャッシュDNSサーバーの設定更新について

DNSの世界的な運用変更に伴うキャッシュDNSサーバーの設定更新について

先日、9月19日にDNSの世界的な運用変更がありました。

直接影響があるのはDNSサーバの管理、サービス提供を行っている官庁、独法、学校、企業等になりますが、これらで本件の対応が行われていなかった場合、インターネットやメールに障害が発生する可能性があります。

もし、このタイミング以降にこれらのこういった障害が発生している場合は、所属している場所のサービス提供元に確認をすると解決するかもしれません。

・総務省 報道資料 平成29年7月21日
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02kiban04_04000212.html

SNSでもご購読できます。