情報セキュリティー対策にSS1|株式会社ディー・オー・エス

昨今、こどもの個人情報が流出したというニュースが話題ですが、各教育関連施設においては生徒の個人データが何らかの形で管理されていると思いますが、近年では電子データとして管理されている所がほとんどではないでしょうか?

今話題のニュースは対岸の火事ではなく明日は我が身に降り掛かるかもしれないのが情報セキュリティーの危うさです。情報を扱うのは人なので、日常何気なくちょっとしたデータの移動に私用のUSBメモリーを挿してしまうことはありませんか?そのデータが他端末にコピーされた後そのままUSBメモリーの中に残っていたりしたらと思うとその後を想像すると恐ろしくなります。

また、情報管理においてコンプライアンス上大きなリスクとしてソフトウェア等のライセンス違反なども危険な要素を含んでます。「校内で何台にソフトウェアがインストールされているか」「ライセンス数に応じた台数のセキュリティーパッチは適用出来ているか」など資産運用状況の管理が出来ていないとライセンス違反で賠償等の制裁を受けることもあります。

教育機関の情報漏洩対策やIT資産管理を全て管理出来るソフトウェアが「System Support best1(SS1)」です。

機能は基本機能として資産管理が

  • 機器管理
  • システム管理
  • ソフトウェア管理
  • 契約管理

運用支援として

  • PC運用管理
  • SS1運用管理

とあり、オプション機能としてセキュリティー管理が

  • 未登録PC管理
  • ネットワーク遮断
  • デバイス制限管理

ログ管理として

  • Web閲覧ログ・閲覧禁止設定
  • SNS利用制限
  • 電子メール送受信ログ
  • PC操作ログ
  • 印刷ログ
  • サーバーログ管理
  • ログレポート

運用支援オプションとして

  • Active Directory連携
  • リモートコントロール
  • ソフトウェア資産管理(SAM)
  • インシデント管理
  • ワークフロー

と機能は非常に豊富です。

こちらのソフトについてデモを見てみましたが非常にインターフェースがシンプルでわかりやすくユーザーは直感的に運用管理を行えるのではと感じました。他のソフトウェアもいくつか試してみましたがマニュアルと睨めっこしても中々使いこなせない物も多々あります。慣れた方が操作しているのでそう感じたのかもしれませんが客観的にはメニュー等導線がわかりやすく配置されていたと感じました。

情報漏洩対策やIT資産管理ソフトウェアをお考えの方は是非選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

System Support Best1(SS1)の紹介サイト

SNSでもご購読できます。