3Dプリンタは最近低価格化がすすみ家庭向け製品では、10万円から50万円前後が主流となっています。

一方、産業向け製品は数百万から数千万とかなり高額となりますので学校での導入検討にあたっては家庭用製品が現実的ではないでしょうか?

性能や仕組みにより価格は違いますが、家庭用3Dプリンタには3種類の方式と4種類の形状があります。 続きを読む